医療法人社団 健育会グループ 採用特設サイト

健育会 65週年 1953-2018 Vision & Work Together!

子育て中のママも
働きやすい環境です。

竹川病院療養病棟育児休暇取得 看護師 C.S.さん
2014年入職・転職
幼い頃、親からかけられた「これからの女性は手に職をつけるべき」という言葉。そんな言葉を受け「それだったら看護師かな」と軽い気持ちで看護師を目指した。しかし仕事をはじめると、その魅力にどっぷりとはまり、気づくと早20年。患者さんの笑顔を見るたび、まさに天職だったと感じている。
看護師 C.S.

看護師が私の天職だと思う

実は就学の時、「看護師になりたい」と特に強く思っていたわけではありませんでした。でも看護師として病院に勤めるようになり無我夢中で働いているうちに、こちらとしては当たり前にやって差し上げたようなことに対して、患者さんやご家族から「そこまでしていただいて、本当にありがとう!」と笑顔で言っていただけることが増えてきました。「自分がお役に立っている」と幸せな気持ちになり、少しずつ「これが私の天職なんだ」と思えるようになってきました。早いもので、看護師歴も今年で20年です。
結婚して上京したことがきっかけで、竹川病院に入職して4年になります。研修や自己学習の機会が充実していることや見学の際に師長さんやスタッフの雰囲気がとても良いことから入職を決めました。

看護師が私の天職だと思う

患者さんとご家族の
希望を叶える看護

これまで勤めてきた病院と比較して、竹川病院は「患者さんとご家族の希望を叶えてあげたい」という気持ちがすごく強い病院だと感じています。
例えば、これまで勤務していた病院では経口摂取が困難で、血管内に直接点滴で栄養を入れるCV・IVHを行なっている患者さんは、口から食べられないのでそもそも食事という話題に関わらないのが常識でした。でも竹川病院では、イベント食でお寿司が出た時など、口から食べれない患者さんにも味だけでも味わっていただこうとお寿司を舌につけてさしあげるんです。するとある患者さんが、ポロポロと涙を流されて「おいしいねぇ」とおっしゃって、ニッコリされたんです。普段、自分の感情を表現するような患者さんではなかったので、私もびっくりしてしまいました。でも同時に、患者さんの笑顔に私は大きな感動と喜びを感じました。このように、常識を超えて「患者さんの気持ちに寄り添う」ところが竹川病院の特徴ではないかと感じていますし、それが私のやりがいにも繋がっていると思います。

患者さんとご家族の希望を叶える看護患者さんとご家族の希望を叶える看護

スタッフのサポートを受け、
子育てと仕事を両立

入職してしばらくして妊娠し、産前産後・育児休暇を取得しました。近年、子どもの預け先が足りないということでニュースになることが多いのですが、竹川病院には保育室があり、もしも待機児童になっても預け先があるという点で安心できました。
育休明けに働くことは不安も多かったのですが、スタッフの皆さんが私の状況に理解を示してくれて大変助かりました。本当に皆さん優しくて、色々と助けてもらいながら、なんとか子育てと仕事を両立することができています。これからも子育てと両立しながら、患者さんに寄り添ってご希望を汲み取り、それを叶えて差し上げられるような看護師を目指していきたいと思います。

スタッフのサポートを受け、子育てと仕事を両立

応募してくださる方への
メッセージ

竹川病院では、回復期リハビリテーション病棟と療養病棟がありますが、回復期では「お家に帰りたい」という患者さんをどんどんお家に帰している実績もあります。チームワークも良く、育児中のママでも働きやすいです。竹川病院で働きたいと思ってくださる皆さんと、一緒に働ける日を楽しみにしています。

情報は取材当時のものです。