Le Velvets

「より多くの方に音楽を通じて癒しをお届けしたい」との思いから、2010年12月18・19日に行われた『葉加瀬太郎EMOTIONISM 20th Anniversary Tour追加公演』に健育会グループ、株式会社ヘルスケアシステムが協賛致しました。

会場は、あの紅白歌合戦で有名なNHKホール。チケットは両日とも完全ソールドアウトで開演前から葉加瀬さんの幅広い年齢層のファンで会場は熱気に満たされていました。

葉加瀬さんデビュー20周年という大きな節目で開かれたこのリサイタルは、耳なじみのあるCMやTVで流れる葉加瀬太郎さんの代表曲やリリースされたばかりのCDを中心に演奏されました。

また、「ユア街ソングつくりまSHOW!!」と題したコーナーでは、アドリブでこのコンサート1回しか演奏されない「TOKYO」のご当地ソングが誕生したり、バイオリン未経験者の観客の方が舞台に上がり、バイオリンの弾き方のレッスンや共演など、驚きと感動の連続のコンサートでした。

アンコールでは、冒頭に「このようなご時勢に、協賛していただき大変感謝しています。」また「音楽療法や癒しを病院内で取り入れられている健育会グループに大変共感している」と葉加瀬さん。

そしてNHK連続テレビ小説「てっぱん」オープニングテーマである『ひまわり』が演奏されました。舞台転換でスクリーンいっぱいに広げられたひまわりのタペストリー。サプライズで演奏に加わるのはバイオリン教室に所属する大勢の子どもたち。葉加瀬さんのコラボレーションで奏でられた美しく力強い演奏に、会場は大きな感動に包まれました。

会場を後にする観客の皆さんの顔がほころび幸せでいっぱい。音楽の持つ癒しやパワーを更に実感するコンサートとなりました。健育会グループでは、これからも音楽の持つ力でたくさんの方々を癒す社会貢献活動を続けていきたいと考えています。

 

社会文化活動