葉加瀬太郎クラシックシアター

クラシックコンサートの1部のはじめに演奏されたのは、葉加瀬さんのヴァイオリンとピアノによる「見上げてごらん夜の星を」。震災を受けて追加されたこの日本の名曲が、会場をしっとりと包み込みました。その後、続いたのはブラームスのソナタを中心とした繊細なクラシック。

2部では、1部の葉加瀬さんのヴァイオリンとピアノに、ビオラ、チェロ、コントラバス、ヴァイオリン2人が加わり7名での華やかな演奏で、葉加瀬さんおなじみの曲「エトピリカ」「冷静と情熱のあいだ」などおなじみの曲が続きます。そしてアンコールは「てっぱん」のテーマ曲「ひまわり」。葉加瀬さんの今回のコンサートにかける思いやメンバー紹介、楽しいトークも入り、笑いあり感動ありの素晴らしいコンサートとなりました。

健育会グループでは、今後もこのような音楽の持つ力でたくさんの方々に癒しをお届けする社会文化活動を行っていきたいと考えています

■写真をクリックすると大きな写真が見られます!

社会文化活動