第15回健康教室in竹川病院

毎回地域の皆様からご好評いただいております第15回健康教室を
2011年6月18日(土)15:00から、竹川病院隣のケアセンターけやき1Fフロアにて開催し、
地域住民の皆様約100名の方にご参加いただきました。

今回の講師の先生は、北里大学医学部 神経内科学教授 望月秀樹先生にお越しいただき、「手足が震える! 意外と身近なパーキンソン病のはなし」という演題でご講演いただきました。

当日の健康教室の中で、望月先生からはパーキンソン病の症状、治療法、予防について分かりやすく説明していただきました。症状はゆっくり進行するため気付かないことが多いことや、持病等の薬の副作用で似た症状が出ることもあり判別が難しいため専門医にかかることが重要であること、症状の改善、緩和、そして患者さん個々の生活状況によって治療方法も異なってくるというお話しをいただきました。

社会文化活動