今年は、羽毛田丈史さん(ピアノ/音楽監督)、ゴンチチさん(アコースティック・ギター)、宮本笑里さん(バイオリン)、沖仁さん(フラメンコギター)、小松亮太さん(バンドネオン)、LE VELVETSの皆さん(ヴォーカル)に加え、2年ぶりの出演となる高嶋ちさ子さん(バイオリン)、初出演の石丸幹二さん(ヴォーカル)、そしてライブ・イマージュオーケストラの皆さんが出演されました。

会場の様子

オーチャードホールは、世界の三大ホールを模して作られたシューボックス型の国内最大規模のホールです。今回のライブイマージュでは、多彩なアーティストによりホールの良さを存分に生かした演奏が繰り広げられました。また、音楽と映像のコラボレーションでは、今回のコンサート用に作られた曲に合わせた映像が美しく観客を魅了していました。加えて今回も観客参加型の演出が行われ、LE VELVETSの「Volare」では曲に合わせて手拍子を打つなど、観客の皆さんは笑顔で楽しまれていました。

会場の様子

社会文化活動