業績集

平成30年度 学会発表

医   局

竹川病院
テーマ:
退院時アウトカム予測におけるニュートラルネットワークの応用
:大規模データベース上での実践
演 者:
山崎 康太郎
学会名:
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
年月日:
平成31年2月4日
西伊豆健育会病院
テーマ:
鉄キレート療法の徐鉄以外の興味深い効果
~鉄キレート療法により血球回復した再生不良性貧血~
演 者:
亀井 悠一郎
学会名:
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
年月日:
平成30年6月17日
ねりま健育会病院
テーマ:
「脳卒中リハビリテーション:これからのチームアプローチを探る!」
演 者:
酒向 正春
学会名:
第43回脳卒中学会学術総会
年月日:
平成30年3月18日
テーマ:
認知症治療とリハビリテーション医療
演 者:
酒向 正春
学会名:
第2回日本脳神経外科認知症学会学術総会
年月日:
平成30年6月24日
テーマ:
脳疾患に対するリハビリテーション治療の現状と展望
脳卒中リハビリテーション医療の推進
演 者:
酒向 正春
学会名:
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成30年6月30日

看 護 部 門

竹川病院
テーマ:
外出支援に関する医療療養病棟職員の意識調査
演 者:
森高 芳美
学会名:
第44回日本看護研究学会
年月日:
平成30年8月18日
テーマ:
「最期になるかもしれない、食べてみよう」を諦めない
演 者:
山本 まどか
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日
熱川温泉病院
テーマ:
クランベリージュースの経管投与により膀胱留置カテーテル閉塞が改善した一例
演 者:
瀬音 恵子
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
高齢者の皮膚剥離とADLとの関連
演 者:
宇野 恵理
学会名:
日本看護研究学会 第44回学術集会
年月日:
平成30年8月18日~19日
テーマ:
ADL全介助からトイレでの排泄確立により
自宅退院できた事例
演 者:
溝口 夏姫
学会名:
第26回日本慢性期医療学会 in鹿児島
年月日:
平成30年10月11日
西伊豆健育会病院
テーマ:
退院・排泄フォローアップシートの導入効果
~多職種によるチームアプローチの実践~
演 者:
鈴木 孝宏
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
看護師の経験年数・キャリアと転倒転落予防に対する観察・判断の違い
演 者:
相馬 葉子
学会名:
日本看護研究学会 第44回学術集会
年月日:
平成30年8月19日
石巻健育会病院
テーマ:
療養病床に勤務する看護補助者のターミナルケア態度に影響する要因
演 者:
西條 さおり
学会名:
日本看護研究学会 第44回学術集会
年月日:
平成30年8月19日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における認知症ケアチーム介入の効果と課題
演 者:
阿部 喜恵
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月4日
テーマ:
患者の持てる力を活かして
~高齢患者の経口摂取を支える看護~
演 者:
阿部 久美子
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日
テーマ:
パーキンソン病患者の「食べる」を支援する看護
演 者:
齋藤 笑子
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月12日
テーマ:
ケアワーカーによるオムツはずしプラン立案率の向上
演 者:
石森 麻恵
学会名:
第20回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in北九州
年月日:
平成30年11月17日
いわき湯本病院
テーマ:
高齢者糖尿病患者の自己管理への支援
演 者:
浄土 静香
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日~12日
テーマ:
転倒転落カンファレンスが看護師の意識と行動に及ぼす変化
演 者:
渡邉 静
学会名:
日本看護研究学会 第44回学術集会
年月日:
平成30年8月18日~19日
花川病院
テーマ:
療養病棟における完全側臥位での食事の確立に向けて
演 者:
豊澤 涼子
学会名:
第26回慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟看護師の退院後訪問の経験が
退院支援に及ぼす影響
演 者:
長谷川 貴恵
学会名:
日本看護研究学会第 44回学術集
年月日:
平成30年8月18日
テーマ:
地域包括ケア病床における退院後訪問の実践
演 者:
桐腰 祐子
学会名:
第26回慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月12日
テーマ:
トイレ動作ができる患者の尿失禁をなくす
演 者:
夏堀 彩華
学会名:
第20回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in北九州
年月日:
平成30年11月17日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における90歳以上の超高齢者のFIMと
在宅復帰の関連性について
演 者:
大島 まゆ子
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会
第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月21日
茅ヶ崎セントラルクリニック
テーマ:
肺癌末期患者に対しての外来透析の役割について
演 者:
成田 朋子
学会名:
第21回日本腎不全看護学会学術集会・総会
年月日:
平成30年11月10日
ねりま健育会病院
テーマ:
同時双方向の一斉通信を利用したコミュニケーションによる病棟業務の変化の報告
~回復期リハビリテーション病棟での利用~
演 者:
伊藤 憲次
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会in米子
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
インターカムを使用したコミュニケーションによる看護チームの形成の報告
演 者:
塩飽 悠介
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月21日
テーマ:
入院時の看護必要度を用いたトイレ動作の自立予測
演 者:
岡田 美久
学会名:
第44回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2019)
年月日:
平成31年3月21日
テーマ:
FIM『トイレ動作』確立に着目したトイレ動作介入プログラム指標の検証
演 者:
佐藤 裕太
学会名:
日本看護研究学会 第44回学術集会
年月日:
平成30年8月18日
テーマ:
某介護老人保健施設における 口腔のケアに対する介助必要度について
演 者:
武藤 久子
学会名:
日本歯科衛生学会第13回学術大会
年月日:
平成30年9月15日
ケアセンターけやき
テーマ:
板橋区地域リハビリテーションネットワーク訪問部会の設立と取り組みについて
演 者:
矢澤 拓也
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日〜4日

リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 部 門

竹川病院
テーマ:
生活歴と価値に基づく役割行動を提供したことで自発性が向上した事例
〜回復期リハビリテーション病棟でOPHI-Ⅱを使用して〜
演 者:
天内 將広
学会名:
日本作業行動学会第28回学術集会
年月日:
平成30年6月17日
テーマ:
介助可否に着目した回復期リハビリテーション病棟における転帰先に関わる因子
~脳血管障害における検討~
演 者:
櫻井 瑞紀
学会名:
日本リハビリテーション医学会 第55回学術集会
年月日:
平成30年6月30日
テーマ:
失調症患者に対する抗力を具備した継手付き体幹装具の有効性の検討
~歩行速度に対する即時効果及び効果の持続性について~
演 者:
橋本 重倫
学会名:
第7回日本支援工学理学療法学会学術集会
年月日:
平成30年9月29日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における褥瘡発生要因の検討
演 者:
西坂 拳史朗
学会名:
第20回日本褥瘡学会学術集会
年月日:
平成30年9月29日
テーマ:
回復期リハ病棟を退院した患者に居場所と出番を作る
~住民運営型介護予防グループの立ち上げ~
演 者:
羽中田 賢
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟におけるFIM高得点者に対する作業療法の目標
演 者:
小池 知世
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
右被殻出血後重度感覚障害を呈した症例に対し麻痺側上肢の参加頻度向上を図り
洗体動作自立となった症例
演 者:
田中 菜々
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日~4日
テーマ:
成人ダウン症患者に発症した脳室内出血に対しチームアプローチを実践し、
自宅退院することができた症例
演 者:
森本 孝則
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日
テーマ:
CEPTを用いた臨床教育指導者育成の課題の抽出
演 者:
小林 和樹
学会名:
第7回日本理学療法教育学会学術集会
年月日:
平成30年11月3日
テーマ:
回復期リハ病院発信の住民運営型介護予防グループの立ち上げ
演 者:
可児 利明
学会名:
第20回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 北九州
年月日:
平成30年11月16日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における入院時SMIが退院時mFIMに与える影響
演 者:
松丸 港
学会名:
第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会
年月日:
平成31年2月14日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟におけるADLの自立度によるSMI値の検討
演 者:
西坂 拳史朗
学会名:
第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会
年月日:
平成31年2月14日
テーマ:
言語聴覚士が外出練習を行なった頭部外傷例
-失語症により高次脳機能評価が困難だった症例に対して-
演 者:
剱持 司
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月21日
テーマ:
実績指数37に必要な入棟1か月後のFIM効率の検討
―入棟時中等度以上の介助が必要な症例に対して―
演 者:
木下 崇美
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月21日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における独居者の自宅復帰に影響するFIM項目の検討
演 者:
櫻井 瑞紀
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月21日
熱川温泉病院
テーマ:
新人症例検討会における新人と指導者の意識調査
演 者:
山田 國友
学会名:
第22回静岡県理学療法士学会
年月日:
平成30年6月16日
テーマ:
内反尖足による歩行障害に対し,ウォークエイド®を
段階的に使用した結果,歩行能力向上を認めた一症例
演 者:
足立 豪
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
注意障害に対する段階的アプローチが ADL自立度向上に繋がった症例
演 者:
黒木 瞳
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月12日
テーマ:
基本動作練習により、入浴動作向上に繋がった1症例
~寝返り・起き上がり動作からのアプローチ~
演 者:
鈴木 匠
学会名:
第6回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成31年2月16日
テーマ:
当院回復期チームにおけるチーム意識向上への取り組み:アンケート調査より
演 者:
佐藤 翠
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月22日
西伊豆健育会病院
テーマ:
大腿骨近位部骨折リハビリテーション介入初日平行棒内歩行評価の有用性について
演 者:
山口 良平
学会名:
日本運動器理学療法学術大会
年月日:
平成30年12月15日
石巻健育会病院
テーマ:
更衣動作への介入
~スムーズな着脱を目指して~
演 者:
宮城 峻介
学会名:
第30回活動分析研究大会
年月日:
平成30年5月19日
テーマ:
高齢者の世帯別における精神的健康状態について
演 者:
岩元 純美
学会名:
第38回全国デイケア研究大会
年月日:
平成30年7月14日
テーマ:
当院通所リハビリテーション利用者における栄養状態とその関連因子の調査
~Mini Nutritional Assessment-Short Form を用いて~
演 者:
小野寺 泰弘
学会名:
第52回日本作業療法学会
年月日:
平成30年9月8日
テーマ:
当院回復期病棟自宅退院者の退院時の調整の適正についての検討
~退院時BIと退院後BIの調査からの要因の検討~
演 者:
大内 俊生
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
利用者の有する能力を引き出すために
~当院短時間通所リハビリテーションの取り組み~
演 者:
黒澤 啓子
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日
テーマ:
左大腿骨遠位端骨折後の長期安静で著しくADLが低下したが、
環境調整によりトイレ動作再獲得に至った症例
演 者:
阿部 千明
学会名:
第6回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成31年2月15日
テーマ:
当院におけるFIM効率向上に向けた取り組み
~更なるチーム医療を目指して~
演 者:
庄司 剛仁
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成31年2月21日
いわき湯本病院
テーマ:
当院におけるトイレ動作に関してのアンケート調査
~自立に向けての取り組み~
演 者:
山本 聖也
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月12日
テーマ:
当院入院患者における ブリッジ力とADLの関連性
演 者:
石川 大成
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月4日
花川病院
テーマ:
ディサースリアの単音レベルと短文レベルでの違い
~音響分析を用いて~
演 者:
小林 桃子
学会名:
第19回日本言語聴覚学会
年月日:
平成30年6月23日
テーマ:
重度歩行障害に対する歩行練習支援ロボットwelwalkの使用経験
演 者:
居橋 拳児
学会名:
第69回北海道理学療法士学術大会
年月日:
平成30年7月28日
テーマ:
回復期脳卒中片麻痺患者への歩行練習支援ロボット(Welwalk)の使用経験
演 者:
中村 洋平
学会名:
第69回北海道理学療法士学術大会
年月日:
平成30年7月28日
テーマ:
喉頭右斜位があり左完全側臥位にて経口摂取確立した1症例
演 者:
牟田口 奈々
学会名:
第38回日本リハビリテーション学会北海道地方会
年月日:
平成30年9月1日
テーマ:
回復期リハ病棟患者における食形態を決定する舌圧のカットオフ値の検討
演 者:
向 富代美
学会名:
第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
年月日:
平成30年9月8日
テーマ:
音響分析を用いた摂食嚥下機能の定量評価
~舌圧と音響分析の相関からの検討~
演 者:
牟田口 奈々
学会名:
第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
年月日:
平成30年9月8日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における認知機能・前頭葉機能面と
金銭管理能力の関連性の検討
演 者:
桂川 拓也
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟入院患者への高ロイシン含有分岐鎖アミノ酸栄養介入効果
演 者:
中村 洋平
学会名:
第26回日本慢性期医療学会
年月日:
平成30年10月11日
テーマ:
回復期片麻痺患者に対する部分免荷トレッドミル歩行練習と
部分免荷平地歩行練習の即時効果の比較
演 者:
源 勇太
学会名:
第16回日本神経理学療法学術大会
年月日:
平成30年11月11日
テーマ:
部分免荷による平地歩行とトレッドミル歩行練習が
大腿骨近位部骨折患者の歩行に与える影響
演 者:
往田 幸生
学会名:
第6回日本運動器理学療法学会学術集会
年月日:
平成30年12月15日
テーマ:
入浴動作がFIM6以上とFIM5患者の身体・認知機能の比較認知機能の比較
~自立に至るカットオフ値の算出~
演 者:
小島 佳祐
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会
年月日:
平成31年2月21日
テーマ:
高次脳機能障害と片麻痺が残存する患者とその家族に対する復職支援
~生きがいだった仕事がしたい~
演 者:
山口 早紀
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月4日
ねりま健育会病院
テーマ:
MUROソリューションを麻痺側対立筋群に使用した新い治療戦略より
上肢機能向を認めた外来1症例の報告
演 者:
二瓶 太志
学会名:
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成30年6月30日
テーマ:
脳卒中上肢麻痺に対する 新しい IVES 治療戦略
演 者:
二瓶 太志
学会名:
第52回日本作業療法学会
年月日:
平成30年9月7日
テーマ:
新規開設の回復期リハビテーション病院における教育ラダー導入の有効性と
その中で見えてきた新人教育の傾向と課題について
演 者:
野村 征吾
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
テーマ:
回復期リハビテーション病棟において離床センサーが不要となる
認知機能とバランス力にについて~MMSEとBBSを用いた検討~
演 者:
柏田 奈津希
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会in舞浜・千葉
年月日:
平成30年2月21日
テーマ:
ITB療法後、集中的リハビリテーション施行により痙縮軽減と
身体能力向上を認めた若年性脳卒中1症例の報告
演 者:
小栗 由丞
学会名:
第44回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2019)
年月日:
平成31年3月22日
テーマ:
ITB療法後、集中的リハビリテーション施行により痙縮改善とADL能力向上を認めた
若年性脳卒中1症例の報告
演 者:
二瓶 太志
学会名:
第44回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2019)
年月日:
平成31年3月22日
訪問看護ステーションポプラ
テーマ:
「趣味活動を家族とともに選択することで、
活動量向上へと波及し地域生活を継続出来た高齢女性」
演 者:
岡地 雄亮
学会名:
第12回日本訪問リハビリテーション協会学術大会
年月日:
平成30年6月16日
介護老人保健施設しおん
テーマ:
A町内災害公営住居入居者および地域住民を対象とした介護予防の取り組み
〜地域共生社会を支える理学療法学〜
演 者:
村上 優子
学会名:
第5回日本地域理学療法学術大会
年月日:
平成30年12月8日~9日
ライフサポートひなた
テーマ:
通所リハビリにてリハビリテーション会議を実施し多職種協働を図った報告
~介護支援専門員(ケアマネージャー)と連携し卒業を目指した症例で見えた効果と課題~
演 者:
森田 新平
学会名:
第5回日本地域理学療法学術大会
年月日:
平成30年12月8日~9日
テーマ:
訪問リハビリテーションの終了理由別でみた障害高齢者の日常生活自立度の変化
演 者:
黒川 良輔
学会名:
第5回日本地域理学療法学術大会
年月日:
平成30年12月8日~9日
テーマ:
退院時情報共有を動画にする事で、誤嚥リスクを予防し
シームレスに訪問リハビリを開始出来た症例
~医療保険から介護保険にかけて同一担当者が携ることでみえた効果と課題~
演 者:
吉野 雅統
学会名:
第5回日本地域理学療法学術大会
年月日:
平成30年12月8日~9日
ライフサポートねりま
テーマ:
わたし、人生の終活から生還しました
~介護老人保健施設における攻めのリハビリと人間回復~
演 者:
小笠原 尚和
学会名:
第29回全国介護老人保健施設大会埼玉
年月日:
平成30年10月18日
テーマ:
家族もチームの一員。満足出来た多職種協働の看取り
~「ラーメンが食べたい」をかなえるために~
演 者:
井戸 寛人
学会名:
第29回全国介護老人保健施設大会埼玉
年月日:
平成30年10月18日

介 護 部 門

いわき湯本病院
テーマ:
口腔ケアの充実に向けて
演 者:
阿部 和江
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018
年月日:
平成30年10月3日
特別養護老人ホーム ケアポート板橋
テーマ:
特別養護老人ホームにおける事故件数の低減
~皮下出血を減らすには~
演 者:
相原 大路
学会名:
第20回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 北九州
年月日:
平成30年11月16日
介護老人保健施設オアシス21
テーマ:
夢を叶えた在宅復帰
~もう一度 畑仕事がしたい~
演 者:
小田 敏江
学会名:
第29回全国介護老人保健施設大会埼玉
年月日:
平成30年10月18日
テーマ:
デイケアライフ 輝きの一日
~ご利用者の心の健康をもとめて~
演 者:
小野 守
学会名:
日本デイケア学会第23回年次大会千葉大会
年月日:
平成30年10月19日
テーマ:
全職員による生活リハビリの時間を増やそう!
演 者:
金子 塁
学会名:
第20回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 北九州
年月日:
平成30年11月16日

平成29年度 学会発表

医   局

西伊豆健育会病院
テーマ:
熱中症mimic~伊豆にもこうかな花が多い~
演 者:
吉田 英人
学会名:
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
年月日:
平成29年5月13日
ねりま健育会病院
テーマ:
脳卒中医療連携を基盤とした街づくりによる地域包括ケアの実践
健康医療福祉都市構想
演 者:
酒向 正春
学会名:
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成29年6月8日
テーマ:
癒しを基盤にした健康医療福祉都市構想
演 者:
酒向 正春
学会名:
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成29年6月8日
テーマ:
回復期775症例における入退院時認知機能変化と改善例の特徴
演 者:
酒向 正春
学会名:
日本脳神経外科学会第76回学術総会
年月日:
平成29年10月14日
テーマ:
脳・神経疾患へのリハビリテーションの実際
演 者:
酒向 正春
学会名:
第60回日本脳循環代謝学会学術集会
年月日:
平成29年11月4日

看 護 部 門

竹川病院
テーマ:
FIMトイレ動作5点以上の獲得を目指した介入プログラムの有用性について
演 者:
立石 由紀子
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成29年8月29日
テーマ:
不眠・大声・多弁な症状を呈した認知症患者を通して
観察の重要性を学んだ症例
演 者:
堀切 加菜
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
認知症患者の家族支援から見えてきたこと~外来の関わりの中で~
演 者:
阿部 亜由美
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
認知症の観察力をUP~療養病棟での取り組み~
演 者:
松島 友絵
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
熱川温泉病院
テーマ:
看護・ケア計画一元化の継続による介護の行動の変化
演 者:
竹田 知里
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成29年8月30日
西伊豆健育会病院
テーマ:
e-ラーニングの学びを実践に生かすためのグループワーク効果
演 者:
伊東 陽子
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成30年8月29日
テーマ:
観察の視点から環境整備に着目して得られたこと
演 者:
磯谷 里佐
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成30年10月20日
石巻健育会病院
テーマ:
医療療養病棟におけるスキン-テア ハイリスク患者の発生要因の調査
演 者:
小山 友紀
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成29年8月30日
テーマ:
脊髄損傷患者の自宅退院が実現するまで
~介護する両親を前向きにした関わり~
演 者:
鈴木 奈苗
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
大腿骨頸部骨折高齢患者の安静と安心をつなぐ認知症ケア
演 者:
菊池 美咲
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
終末期患者の自宅退院への思いに寄り添って
~ナイチンゲールの教えを看護実践に活かして~
演 者:
宮本 唯
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
療養病院における手指衛生遵守率の向上
演 者:
相澤 希
学会名:
第19回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 松山
年月日:
平成29年11月17日
いわき湯本病院
テーマ:
温泉を取り入れた足浴が睡眠に及ぼす影響
演 者:
松本 ヒサ子
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成29年8月30日
テーマ:
快適な療養環境をめざして~音環境改善の取り組み~
演 者:
金澤 幸平
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
膀胱留置カテーテル抜去に向けての取り組み
演 者:
疋田 俊江
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月20日
花川病院
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における
ベッド・車椅子間移乗時見守り解除アセスメント指標の検証
演 者:
大平 みどり
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成29年8月29日
テーマ:
もう二度とつくらない~褥瘡再発、予防への取り組み~
演 者:
高橋 聡子
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
訪問看護師が望む病棟看護師退院支援
~訪問看護師意識調査から~
演 者:
濱野 幸枝
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月2日
石川島記念病院
テーマ:
冠動脈CTにおける検査イメージが患者に与える効果
~検査オリエンテーションを映像化する~
演 者:
里村 牧
学会名:
日本看護研究学会 第43回学術集会
年月日:
平成29年8月29日

リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 部 門

竹川病院
テーマ:
東京都区西北部二次保険医療圏に所属する
理学療法士のスポーツ理学療法への新たな挑戦
演 者:
北田 利弘
学会名:
第52回日本理学療法学術大会
年月日:
平成29年5月13日
テーマ:
私の役割を果たしたい~興味ある活動を通して自発性が向上した一症例~
演 者:
吉野 優
学会名:
第29回活動分析研究大会
年月日:
平成29年5月19日
テーマ:
転倒恐怖心の軽減によりADL・IADL自立となった症例
~M-FESを用いた評価と段階的アプローチ~
演 者:
松丸 港
学会名:
第36回東京都理学療法学術大会
年月日:
平成29年6月18日
テーマ:
生活期のおける下肢装具の再作製前後での歩行能力に違いがみられた症例
~シングルケーススタディ~
演 者:
間野 旭
学会名:
第36回東京都理学療法学術大会
年月日:
平成29年6月18日
テーマ:
下垂足により装具固定要し自立歩行に難渋した症例
~二関節筋の作用を考慮した膝立ち位でのアプローチ~
演 者:
日向 智
学会名:
第36回東京都理学療法学術大会
年月日:
平成29年6月18日
テーマ:
回復期病棟で生活行為向上マネジメントを導入した症例
〜庭仕事の再開を目指して〜
演 者:
天内 將広
学会名:
第14回東京都作業療法学会
年月日:
平成29年6月25日
テーマ:
回復期リハビリテーションにおける
Lateropulsionと運動失調の並行介入を実施した一症例
演 者:
土屋 伸太郎
学会名:
第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会
年月日:
平成29年9月23日
テーマ:
生活場面での麻痺側上肢使用の医師付けにより行動変化がみられた症例
演 者:
徳道 智美
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
療養病棟での外出マニュアルを作成し活用した一症例
演 者:
羽中田 賢
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
脳卒中後のせん妄により繰り返される転倒へチーム医療が効果を示した症例
演 者:
渕本 将輝
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
痙攣重責発作より遷延性意識障害を呈した症例
~トイレ動作が家族介助可能となり自宅退院した一症例~
演 者:
副島 和実
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月21日
テーマ:
腰脳卒中片麻痺患者に対する随意運動介助型電気刺激療法と
部分免荷トレッドミル歩行訓練の併用治療の効果
演 者:
畠山 真未
学会名:
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
年月日:
平成29年10月28日
テーマ:
腰痛者の腰背部筋の収縮特性及び自律神経の評価
演 者:
橋本 重倫
学会名:
第25回日本腰痛学会
年月日:
平成29年11月4日
テーマ:
吸引ができるセラピストの育成システムの構築
演 者:
木下 崇美
学会名:
第19回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 松山
年月日:
平成29年11月18日
テーマ:
左被殻出血により流暢性失語を呈した症例のジャーゴン軽減に向けて
~意味ルートを介した介入が有効だった例~
演 者:
遠藤 結香
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月2日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における80歳以上患者の
実績指数27以上となる入院時FIM運動項目のカットオフ値の分析
演 者:
佐藤 圭一郎
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月3日
テーマ:
同居家族の介助可否に着目した回復期リハビリテーション病棟における
転帰先に関わる因子の検討
演 者:
櫻井 瑞紀
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月3日
テーマ:
板橋区における地域づくりを目的とした
住民運営型介護予防グループの立ち上げについて
~高齢者の暮らしを拡げる10の筋トレ~
演 者:
可児 利明
学会名:
第3回日本予防理学療法サテライト集会
年月日:
平成30年2月4日
テーマ:
重症くも膜下出血患者がチーム医療3.5ヵ月で
寝たきり状態から機能回復を認めた症例
演 者:
宍倉 浩司
学会名:
第5回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成30年2月27日
熱川温泉病院
テーマ:
NUSTEPによりすくみ足が軽減した進行性核上性麻痺の症例
演 者:
影山 晃暉
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
橋出血患者に対する食事動作へのアプローチ
~自己摂取を目指して~
演 者:
圡谷 冴花
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月21日
テーマ:
回復期リハビリ病棟の
サルコペニア罹患率とMNA-SFによる栄養状態の実態について
演 者:
肥田 圭司
学会名:
第7回日本リハビリテーション栄養研究会学術集会
年月日:
平成29年11月25日
テーマ:
左半側空間無視を呈した症例への目標指向型アプローチ
演 者:
前田 美咲
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月2日
テーマ:
維持期の摂食嚥下障害患者の安全な経口摂取を目指して
~多職種との連携の重要性~
演 者:
奈須 琴子
学会名:
第5回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成30年2月26日
テーマ:
中枢神経系障害患者の動作能力障害に対する水中運動療法の有効性
演 者:
下堂薗 花枝
学会名:
第5回 生態心理学とリハビリテーションの融合研究会
年月日:
平成30年3月3日
西伊豆健育会病院
テーマ:
当院における大腿骨近位部骨折患者の自宅復帰因子の検討
演 者:
羽田 匡伸
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成30年10月20日
石巻健育会病院
テーマ:
地域包括ケアシステム構築のための当院通所リハの取り組み
~2年前との比較と今後の展望~
演 者:
黒澤 啓子
学会名:
第36回全国デイ・ケア大会2017in熊本
年月日:
平成29年8月4日
テーマ:
脳出血により意識障害を呈した患者の自宅退院に向けて
演 者:
岩渕 聖也
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
図書館に行きたい
~短時間通所リハビリテーションでの生活行為向上マネジメントの活用~
演 者:
宮城 俊介
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
回復期病棟入院整形外科疾患患者のFIM利得及びFIM効率に及ぼす要因の検討
~入院時情報から予測する~
演 者:
蓬田 浩学
学会名:
第35回東北理学療法学術大会
年月日:
平成29年11月18日
テーマ:
退院後の生活を共に歩む~回復期病棟退院患者との活動報告~
演 者:
山下 さゆり
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月3日
テーマ:
寝たきり状態から短期間で自宅退院まで至った一症例
~各種診療ガイドラインを活用して~
演 者:
遠藤 巨樹
学会名:
第5回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成30年2月26日
いわき湯本病院
テーマ:
当院における2種類の握力測定方法の検討~虚弱高齢者への応用を目指して~
演 者:
山本 聖也
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
長期臥床患者における離床プログラムの効果判定
演 者:
武田 裕吾
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
花川病院
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における
大腿骨近位部骨折患者のADL向上に影響を及ぼす因子
演 者:
森谷 伸樹
学会名:
第52回日本理学療法学術大会
年月日:
平成29年5月12日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における
血中アルブミン量低値の脳卒中患者のADL向上に影響を及ぼす因子
演 者:
森谷 伸樹
学会名:
第52回日本理学療法学術大会
年月日:
平成29年5月12日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟の
脳卒中患者のFIM改善に栄養障害は影響を及ぼすか
演 者:
丸谷 暁子
学会名:
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成29年6月10日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における筋量減少の発生指標
演 者:
森谷 伸樹
学会名:
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成29年6月10日
テーマ:
作業バランス導入により、入院中の生活から退院後の生活を見通した一症例
演 者:
石島 智也
学会名:
第48回北海道作業療法学会
年月日:
平成29年6月10日
テーマ:
「やりたい作業」の共有が、なりたい自分への再認識に繋がり、
前向きな退院後の生活イメージに結びついた症例
演 者:
久保 華佳
学会名:
第48回北海道作業療法学会
年月日:
平成29年6月11日
テーマ:
身体識別と実動作反復に着目した訓練により、
更衣・トイレ動作が改善した一症例
演 者:
玉川 雄也
学会名:
第48回北海道作業療法学会
年月日:
平成29年6月11日
テーマ:
「目標の見える化」により円滑な自宅復帰に繋がった一事例
演 者:
斉藤 俊文
学会名:
第48回北海道作業療法学会
年月日:
平成29年6月11日
テーマ:
音響分析によるDysarthriaの経時的変化の検討
演 者:
廣瀨 修三
学会名:
第18回日本言語聴覚学会
年月日:
平成29年6月23日
テーマ:
右片麻痺患者の歩行獲得に難渋した症例 膝ロッキングに着目して
演 者:
和久井 敬介
学会名:
第2回北海道理学療法士会症例検討会
年月日:
平成29年6月30日
テーマ:
Floating knee fracture患者に対し
体重免荷トレッドミル歩行訓練を用いた一例
演 者:
紺野 真文
学会名:
第2回北海道理学療法士会症例検討会
年月日:
平成29年6月30日
テーマ:
当院回復期リハビリテーション病棟における
最大舌圧と身体・認知・発話・摂食嚥下機能及び栄養状態の関連性について
演 者:
鍋倉 智子
学会名:
第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
年月日:
平成29年9月15日
テーマ:
関節リウマチに間質性肺炎を合併したTHA術後患者に対する
認知理論に基づく疼痛(防御性収縮)へのアプローチ
演 者:
中村 洋平
学会名:
第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会
年月日:
平成29年10月1日
テーマ:
音響分析によるディサースリアの定量的評価の検討
演 者:
新海 舞
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
テーマ:
早期から麻痺側上肢への介入により廃用手から実用手へ改善した症例
演 者:
増田 一城
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
ボツリヌス療法後週1回の訪問リハビリで
行動変容を促し麻痺側手の操作性が改善した脳梗塞の一例
演 者:
丸谷 暁子
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
当院回復期入院患者に対する
足底挿板の有無による歩行への影響とその適応について
演 者:
中村 洋平
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟のFIM利得に影響を及ぼす栄養情報
演 者:
森谷 伸樹
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月21日
テーマ:
橋出血後患者に対し部分免荷トレッドミルを使用した事で
独歩での自宅退院が可能となった症例
演 者:
山本 恭央
学会名:
第68回北海道理学療法士学術大会
年月日:
平成29年10月21日
テーマ:
左半側空間無視、左消去現象を呈する患者への治療
~食事場面での両手動作獲得へ向けて~
演 者:
小島 佳祐
学会名:
第18回日本認知神経リハビリテーション学会学術集会
年月日:
平成29年11月5日
テーマ:
画像所見と臨床症状からの推論に基づいた介入~脳挫傷症例~
演 者:
居橋 拳児
学会名:
北海道理学療法士会 第4回石狩支部症例検討会
年月日:
平成29年12月1日
テーマ:
脊柱・骨盤骨折患者に対する免荷トレッドミルトレーニング効果の検証
演 者:
前田 泰平
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手
年月日:
平成30年2月2日
石川島記念病院
テーマ:
リハビリ内容により効果に違いはあるか~転倒の身体要因に着目して~
演 者:
藤間 香苗
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
ねりま健育会病院
テーマ:
麻痺側肩にMUROソリューションを用いた上肢訓練の効果
演 者:
二瓶 太志
学会名:
第8回ニューロリハビリテーション学会
年月日:
平成29年4月23日
テーマ:
麻痺側肩に対するMUROソリューションと運動療法併用による
上肢機能への治療効果の報告
演 者:
二瓶 太志
学会名:
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成29年6月9日
テーマ:
回復期脳卒中片麻痺者の歩行速度に影響する運動学的因子の分析
演 者:
田中 惣治
学会名:
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成29年6月10日
テーマ:
専門職との出会いの機会が
学生生活と今後のキャリア形成に与える影響とその場の価値に関する報告
演 者:
間藤 大輔
学会名:
第36回東京都理学療法学術大会
年月日:
平成29年6月18日
テーマ:
油圧ダンパー式短下肢装具が脳卒中片麻痺者の歩行に及ぼす即時的変化の分析
~下肢Brunnstrom Recovery Stage別の検討~
演 者:
田中 惣治
学会名:
第33回日本義肢装具学会学術大会
年月日:
平成29年10月8日
テーマ:
油圧ダンパー式短下肢装具が
脳卒中片麻痺者の歩行時の体幹部に及ぼす即時的変化の分析
演 者:
田中 惣治
学会名:
第33回日本義肢装具学会学術大会
年月日:
平成29年10月8日
テーマ:
地域活動への参加を促す環境デザイン取り組みについて
~PTA活動を通じての報告~
演 者:
間藤 大輔
学会名:
平成29年度日本地域理学療法学会フォーラム
年月日:
平成30年1月27日
テーマ:
MUROソリューションを麻痺側対立筋群に使用する新しい治療戦略の効果報告
演 者:
二瓶 太志
学会名:
第43回日本脳卒中学会総会
年月日:
平成30年3月17日

コ メ デ ィ カ ル 部 門

花川病院
テーマ:
歯科衛生士の専門性を生かしたチームアプローチ
演者:
西田 貴美代
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日
石川島記念病院
テーマ:
当院における
ポリファーマシーの現状と配合剤の使用状況から見る今後の課題
演者:
福田 菜穂子
学会名:
日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会
年月日:
平成30年5月27日
テーマ:
医事
~薬剤科使用薬剤突合作業における薬剤使用差異原因の追究~
演者:
佐久間 尚子
学会名:
第19回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 松山
年月日:
平成30年11月17日

事 務 部 門

竹川病院
テーマ:
在宅生活に向けて チームアプローチ実践
~24時間見守りを要す重度高次脳機能障害患者の事例を通じて~
演者:
清水 雄貴
学会名:
第25回日本慢性期医療学会
年月日:
平成29年10月19日
花川病院
テーマ:
石狩市内で安心して最期を迎えるために
~ケアカフェ&学習会を通じて、かかりつけ医とのコミュニケーションを深める~
演者:
冨居 潤一
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月20日

介 護 部 門

ライフケアガーデン熱川
テーマ:
口から食べる事の大切さ~もう一度食べたい~
演者:
土屋 直美
学会名:
第17回東日本事例発表研修会
年月日:
平成29年11月22日
特別養護老人ホーム ケアポート板橋
テーマ:
EPA介護福祉士候補者の受入れ実績から
外国人人材を受入れるポイントと支援方法について
演者:
小清水 一雄
学会名:
シルバー&ヘルスケア戦略特別セミナー
年月日:
平成29年4月13日
テーマ:
介護現場におけるフットケアの充実~浮腫みの軽減~
演者:
菊地 直人
学会名:
第19回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 松山
年月日:
平成29年11月17日
ケアセンターけやき
テーマ:
通所リハビリ卒業者&地域のサロン開設に向けて
演者:
吉田 卓
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月21日
介護老人保健施設 しおん
テーマ:
独居での在宅復帰に向けた取り組み~約2年間の関わりを通して~
演者:
二瓶 友樹
学会名:
平成29年度 宮城県老人保健施設大会
年月日:
平成29年11月17日
介護老人保健施設 オアシス21
テーマ:
排泄の自立をめざして~1人でトイレに入りたい~
演者:
湊屋 美咲
学会名:
第28回全国介護老人保健施設大会 愛媛 in 松山
年月日:
平成29年7月28日
介護老人保健施設 ライフサポートひなた
テーマ:
在宅と施設生活の環境変化が転倒恐怖感に影響していた一症例
演者:
皆倉 拓也
学会名:
第36回東京都理学療法学術大会
年月日:
平成29年6月18日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟から介護老人保健施設まで
一症例を継続して介入したことで気付いたこと
~リハビリ介入時間が減少したにも関わらず歩行自立に至った要因~
演者:
武田 俊一
学会名:
リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017
年月日:
平成29年10月21日

平成28年度 学会発表

医   局

西伊豆健育会病院
テーマ:
脊椎圧迫骨折入院患者の約5割にポリファーマシーを認めた
演 者:
吉田英人(医師)
学会名:
第7回日本プライマリ・ケア 連合学会学術大会
年月日:
平成28年6月11日
石川島記念病院
テーマ:
当院の1.5テスラMRIにおけるWHCAの初期成績
演 者:
齋藤幹(医師)
学会名:
第64回日本心臓病学会学術集会
年月日:
平成28年9月23日
テーマ:
エイコサペンタエン酸・アラキドン酸比(EPA/AA)の測定と 介入による結果の考察
演 者:
片岡喜直(医師)
学会名:
第51回日本成人病学会学術集会
年月日:
平成29年1月15日

看 護 部 門

竹川病院
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟スタッフの自己効力感と職務満足度の関連
演 者:
酒井純子(看護師)
学会名:
日本看護研究学会 第42回学術集会
年月日:
平成28年8月20日
テーマ:
遷延性意識障害患者からの学び
〜ナイチンゲールの「観察」からみえてきたこと〜
演 者:
吉本敦子(看護師)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
患者の「あきらめない」から学んだこと
〜医療型療養病棟における退院支援〜
演 者:
郡司麻恵子(看護師)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月28日
西伊豆健育会病院
テーマ:
e-ラーニング受講回数と達成動機の関連
演 者:
磯谷里佐(看護師)
学会名:
日本看護研究学会第42回学術集会
年月日:
平成28年8月20日
テーマ:
へき地の急性期病院における地域包括ケア病棟の現状
演 者:
藤井聡(看護師)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
石巻健育会病院
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟高齢入院患者の意欲に及ぼす笑いの効果
演 者:
佐藤和(看護師)
学会名:
日本看護研究学会 第42回学術集会
年月日:
平成28年8月21日
テーマ:
患者の覚醒時間に働きかけた経口摂取への取り組み
〜ナイチンゲールの教えを看護実践に活かして
演 者:
相原正宜(准看護師)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
口腔ケア時の鏡がもたらした成果〜長期療養患者の意欲向上へ向けて〜
演 者:
平塚有紀(看護師)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
最終与薬場面における確認手順の定着を目指して
演 者:
長谷部和枝(看護師)
学会名:
第18回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 倉敷
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
頸髄損傷患者の自宅退院に向けたチームアプローチ
〜患者の主体性の回復につながる取り組み〜
演 者:
中島奈美(看護師)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月29日
いわき湯本病院
テーマ:
認知症ケアの学習が療養病棟看護者の意識の変化と行動に及ぼす影響
〜ロールプレイングを取り入れた学習を試みて〜
演 者:
渡邉千晴 (看護師)
学会名:
日本看護研究学会 第42回学術集会
年月日:
平成28年8月20日
テーマ:
患者誤認防止に向けての取り組み〜お名前お伺いできますか?〜
演 者:
平子真由美(看護師)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
夜間BPSD出現時にアロマセラピーを施行して
演 者:
鈴木早矢香(看護師)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月27日
花川病院
テーマ:
回復期リハビリテ―ションにおける服薬自己管理開始の判断基準と管理方法の指標
演 者:
三浦友貴(看護師)
学会名:
日本看護研究学会 第42回学術集会
年月日:
平成28年8月20日
テーマ:
創傷治癒に向けて〜2年間のチームでの取り組み〜
演 者:
吉川春菜(准看護師)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
回復期リハビリテ―ションにおける服薬自己管理開始時のフローチャート検証
演 者:
小山文恵(看護師)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月10日
茅ヶ崎セントラルクリニック
テーマ:
介護事業者に対する「透析患者の介護の手引き」の配布効果について
演 者:
成田朋子(看護師)
学会名:
第61回日本透析医学会学術集会・総会
年月日:
平成28年6月10日

リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン 部 門

竹川病院
テーマ:
非特異的腰痛者におけるサイドブリッジ持久力テスト時の体幹筋疲労分析
演 者:
櫻井瑞紀(理学療法士)
学会名:
第51回日本理学療法学術大会
年月日:
平成28年5月28日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における歩行自立範囲と関連因子の検討
演 者:
遠藤洋平(理学療法士)
学会名:
第51回日本理学療法学術大会
年月日:
平成28年5月29日
テーマ:
脳卒中患者に対するTrunk Solutionを用いたトレッドミル歩行練習が歩行能力に及ぼす影響
演 者:
北田利弘(理学療法士)
学会名:
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成28年6月9日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟退院後の閉じこもりに関連する因子の検討
演 者:
茂内暁子(理学療法士)
学会名:
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成28年6月9日
テーマ:
不全脊髄損傷患者における部分免荷トレッドミル歩行練習が慢性疼痛に与える影響
〜精神心理学的側面の変化をとらえるシングルケーススタディ〜
演 者:
小林和樹(理学療法士)
学会名:
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会
年月日:
平成28年6月10日
テーマ:
医療従事者における腰痛有訴者と業務遂行能力との関係
演 者:
橋本重倫(理学療法士)
学会名:
第24回日本腰痛学会
年月日:
平成28年9月2日
テーマ:
疼痛が強い受傷早期に、参加レベルの希望を引き出せたことで活動の拡大を促せた一症例
演 者:
佐藤圭一郎(作業療法士)
学会名:
第50回日本作業療法学会
年月日:
平成28年9月9日
テーマ:
サイドブリッジ持久力テストにおけるT2値を用いた体幹筋疲労解析
演 者:
櫻井瑞紀(理学療法士)
学会名:
第26回日本保健科学学会学術集会
年月日:
平成28年10月8日
テーマ:
長下肢装具を作製した脳卒中片麻痺者の歩行可否の検討
〜長下肢装具足継手に着目して〜
演 者:
土田拓輝(理学療法士)
学会名:
第32回日本義肢装具学会学術大会
年月日:
平成28年10月16日
テーマ:
食道通過障害と約8か月間の不活動によりサルコペニアを呈した
若年性の症例に対するリハ栄養の介入
演 者:
木下崇美(理学療法士)
学会名:
第6回日本リハビリテーション栄養研究会学術集会
年月日:
平成28年10月22日
テーマ:
回復期病棟入棟時におけるCONUTスコアとFIM運動項目との関係
〜脳卒中患者を対象とした後方視的調査〜
演 者:
木下亮(理学療法士)
学会名:
第6回日本リハビリテーション栄養研究会学術集会
年月日:
平成28年10月22日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における、
脳卒中片麻痺患者に対する部分免荷式トレッドミル歩行訓練が二重課題歩行に与える影響
演 者:
森本孝則(理学療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
動作手順表を利用しできる動作を共有することでトイレ動作自立へ繋がった症例
演 者:
鷺坂祥子(作業療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
脳卒中患者の回復期病棟入棟時における多剤併用に関する調査研究
〜多剤併用がFIM運動項目に及ぼす影響〜
演 者:
木下亮(理学療法士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
療養病棟でのレクリエーションがもたらす効果
演 者:
名古谷知世(作業療法士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
板橋区における地域づくりを目的とした介護予防の取り組み
演 者:
可児利明(理学療法士)
学会名:
第1回日本予防理学療法学会サテライト集会
年月日:
平成28年11月13日
テーマ:
実動作からアパシーの改善がみられた症例〜目標と生活の結び付け〜
演 者:
高橋亮(作業療法士)
学会名:
第13回東京都作業療法学会
年月日:
平成28年11月19日
テーマ:
毛筆の作業を用いた箸動作へのアプローチ〜普通箸で食事自立となった橋出血の一症例〜
演 者:
鹿島田千裕(作業療法士)
学会名:
第13回東京都作業療法学会
年月日:
平成28年11月19日
テーマ:
復職を目標に理容師の作業に焦点を当てた介入を行った事例
演 者:
姫田大樹(作業療法士)
学会名:
第13回東京都作業療法学会
年月日:
平成28年11月20日
テーマ:
左片麻痺者の包丁操作に着目した介入〜ピーラーと包丁を使って大根を切るまで〜
演 者:
吉野優(作業療法士)
学会名:
第6回 活動分析研究会 東京ブロック研修会
年月日:
平成28年12月5日
テーマ:
重度失語症を呈しYES/NOのコミュニケーションも困難となった症例
〜家族と共にコミュニケーション手段の獲得を目指して〜
演 者:
佐藤里紗(言語聴覚士)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月11日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟を退院した重複障害患者の状況
〜運動負荷量指導がADL維持に有効だった一症例〜
演 者:
堀口正嵩(理学療法士)
学会名:
第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会
年月日:
平成29年2月18日
熱川温泉病院
テーマ:
静岡県高等学校野球選手権静岡大会メディカルサポート活動における活動実績と今後の展望
演 者:
山田國友(理学療法士)
学会名:
第51回日本理学療法学術大会
年月日:
平成28年5月27日
テーマ:
変形性膝関節症によるTKA術後、膝関節伸展制限に着目して介入を行い、
機能回復に難渋した症例について
演 者:
谷口徹(理学療法士)
学会名:
第20回静岡県理学療法士学会
年月日:
平成28年6月19日
テーマ:
体幹の安定性向上を促した結果Pusher現象が軽減した一症例
演 者:
得田雄誠(理学療法士)
学会名:
第20回静岡県理学療法士学会
年月日:
平成28年6月19日
テーマ:
リーチ動作で股関節へアプローチし、立ち上がり動作能力が向上した症例
〜静的・動的座位姿勢に着目をして〜
演 者:
秋山諒匡(理学療法士)
学会名:
第20回静岡県理学療法士学会
年月日:
平成28年6月19日
テーマ:
右脳梗塞・左片麻痺を呈し狭心症を併発した症例〜Borg Scale数値変化に着目して〜
演 者:
豊田奈々絵(理学療法士)
学会名:
第20回静岡県理学療法士学会
年月日:
平成28年6月19日
テーマ:
慢性期脳血管障害片麻痺患者への 水治療法の有効性
演 者:
小林花枝(筑波大学大学院)
学会名:
2016年日本水泳・水中運動学会年次大会
年月日:
平成28年10月15日
テーマ:
心理的積極性向上によりパラグライダー飛行に成功した頸髄損傷例
演 者:
外岡秀樹(理学療法士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
昇降式レッグサポートを作製し、トイレでの排泄が可能になった一例
演 者:
横田光雄(作業療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
当院回復期リハ病棟が実績指数を達成していくための取り組み
〜FIMの採点の質を向上させるために〜
演 者:
横山雅之(理学療法士)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月10日
テーマ:
慢性腎不全患者に対し血液透析療法実施中に運動療法介入した一症例
演 者:
溝口航(理学療法士)
学会名:
第4回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成29年3月19日
石巻健育会病院
テーマ:
肺炎により心身機能低下を呈した患者の生活機能向上へ向けて
〜ベッド上生活からの脱却〜
演 者:
狩野稚子(理学療法士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
回復期を退院後、高い目標を持った症例に対しての老健施設でのリハビリを経験して
〜短時間リハビリでの関わり方〜
演 者:
後藤康太(理学療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月29日
テーマ:
別居家族への病状説明により自宅退院が可能となった一症例
演 者:
村上貴彦(理学療法士)
学会名:
第35回 東北理学療法学術大会
年月日:
平成28年11月12日
テーマ:
頚髄損傷患者に対する多職種連携 〜OT視点でのアプローチ〜
演 者:
岩元純美(作業療法士)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月10日
テーマ:
不適合な車椅子の使用が身体に及ぼす影響と改善策の検討〜座面体圧に着目して〜
演 者:
榊原愛(理学療法士)
学会名:
第4回慢性期リハビリテーション学会
年月日:
平成29年3月18日
いわき湯本病院
テーマ:
非接触型睡眠計を用いた睡眠位相評価〜睡眠中の体動強度より推定〜 第2報
演 者:
大河原一真(作業療法士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
椅子座位姿勢での駆動様式によるバイタル変動〜自転車エルゴメーターの活用〜
演 者:
篠原はるか(理学療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月29日
花川病院
テーマ:
位置覚検査の運動様式による再現性の違い
演 者:
永嶋高大(理学療法士)
学会名:
第51回日本理学療法学術大会
年月日:
平成28年5月27日
テーマ:
なじみのある姿勢・動作パターンを尊重することで自宅復帰に繋がった一症例
演 者:
内柴佑基(作業療法士)
学会名:
第47回北海道作業療法学会
年月日:
平成28年6月4日
テーマ:
役割の要素を含んだ作業機会の提案が精神的苦痛や不活動状態を断ち切り、自宅退院に至った一例
演 者:
岡地雄亮(作業療法士)
学会名:
第47回北海道作業療法学会
年月日:
平成28年6月4日
テーマ:
家事動作自立の目標を共有し上肢・手指促通訓練と調理訓練を併用することで
主婦業復帰に至った事例
演 者:
斉藤俊文(作業療法士)
学会名:
第47回北海道作業療法学会
年月日:
平成28年6月4日
テーマ:
音響分析による ディサースリアの定量的評価の検討
演 者:
逢坂重志(言語聴覚士)
学会名:
第17回日本言語聴覚学会
年月日:
平成28年6月10日
テーマ:
報酬を用いたフィードバック方略の違いが運動学習課題の成績に与える影響
演 者:
石島智也(作業療法士)
学会名:
第2回作業療法神経科学学術集会
年月日:
平成28年7月9日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟の退院時転帰とFIMの関係
演 者:
森谷伸樹(理学療法士)
学会名:
第15回北海道病院学会
年月日:
平成28年7月16日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟の歩行自立の基準の検討
演 者:
森谷伸樹(理学療法士)
学会名:
第15回北海道病院学会
年月日:
平成28年7月16日
テーマ:
当院回復期リハビリテーション病棟における脳血管疾患後の嚥下機能の予測因子
演 者:
麻生なつみ(言語聴覚士)
学会名:
第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
年月日:
平成28年9月24日
テーマ:
大腿骨近位部骨折術後患者に対する市販足底板の即時効果
演 者:
久保田亮平(理学療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月27日
テーマ:
回復期病棟における認知機能 スクリーニング検査と金銭管理能力の関連性について
演 者:
内柴佑基(作業療法士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
当院回復期リハビリテーション病棟における
入院患者の栄養状態とリハビリテーション効果の検討
演 者:
後藤彩香(作業療法士)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月10日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟の 重症脳卒中患者のFIM改善に 影響を及ぼす因子の検討
演 者:
丸谷暁子(理学療法士)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月10日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における脳血管疾患患者の経口摂取可否の予後予測
演 者:
森谷伸樹(理学療法士)
学会名:
回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会in広島
年月日:
平成29年2月10日
テーマ:
回復期リハビリテーション病棟における経管栄養患者のADL改善に影響を及ぼす因子
演 者:
森谷伸樹(理学療法士)
学会名:
第42回日本脳卒中学会学術集会
年月日:
平成29年3月16日
テーマ:
脳卒中リハビリテーション患者に おいてFIMに影響を及ぼす因子の 病型別検討
演 者:
丸谷暁子(理学療法士)
学会名:
第42回日本脳卒中学会学術集会
年月日:
平成29年3月16日
石川島記念病院
テーマ:
高齢者における 心臓リハビリテーション〜心臓リハビリの実施状況〜
演 者:
村上和志(理学療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月27日

コ メ デ ィ カ ル 部 門

熱川温泉病院
テーマ:
穿刺に対する当院の取り組み
演者:
成海美樹子(臨床工学技士)
学会名:
第24回日本慢性期医療学会
年月日:
平成28年10月27日
茅ヶ崎セントラルクリニック
テーマ:
透析液清浄化の為の透析液ラインの洗浄方法の検討
演者:
石曽根宏輔(臨床工学技士)
学会名:
第61回日本透析医学会学術集会・総会
年月日:
平成28年6月10日

事 務 部 門

花川病院
テーマ:
いしかり医療と福祉のまちづくりひろば〜ケアカフェを通じた地域活動の取り組み〜
演者:
冨居潤一(医療相談員)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月28日

介 護 施 設

介護老人保健施設しおさい
テーマ:
寄り添ったチームケアによって自分らしさを取り戻した
ご利用者の希望をチームケアで叶えることが出来た症例
演者:
與後智明(医療相談員)
学会名:
第27回 全国介護老人保健施設大会 大阪
年月日:
平成28年9月16日
特別養護老人ホーム ケアポート板橋
テーマ:
残食調査から見た喫食率向上の為のプロセスと、改善に関する取り組み
演者:
隅田素子(調理師)
学会名:
アクティブ福祉in東京‘16(第11回高齢者福祉実践・研究大会)
年月日:
平成28年9月30日
テーマ:
介護現場における褥瘡発生及び再発件数の軽減
演者:
内藤友理子(介護福祉士)
学会名:
第18回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 倉敷
年月日:
平成28年9月30日
ケアセンターけやき
テーマ:
地域資源を活用して地域への参加が可能となった症例
演者:
吉田卓(作業療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月28日
テーマ:
訪問リハビリテーション利用者の介護度改善に関わる要因
演者:
櫻井友貴(理学療法士)
学会名:
リハビリテーション・ケア 合同研究大会 茨城2016
年月日:
平成28年10月29日
ひまわり在宅サポートグループ
テーマ:
看護小規模多機能居宅介護 ナースインホームひまわりの取り組みについて
演者:
安住亨(ケアマネージャー)
学会名:
医療と福祉の連携推進研修会
年月日:
平成29年2月25日
介護老人保健施設ライフサポートひなた
テーマ:
通所リハ利用開始時の転倒経験者を退院・在宅別で比較した傾向
演者:
黒川良輔(理学療法士)
学会名:
第34回全国デイ・ケア研究大会 2016 in 千葉
年月日:
平成28年7月22日
テーマ:
通所リハビリビリにおいて多職種協働を図ったリハビリテーション会議の実用報告
〜介護支援専門員(ケアマネージャージャー)と連携し卒業を目指した症例〜
演者:
森田新平(理学療法士)
学会名:
第27回 全国介護老人保健施設大会 大阪
年月日:
平成28年9月16日